人生初?平日登山報告
蓑毛~ヤビツ峠~三の塔~大倉
2021年2月12日 (2月22日 記)


 
  2021年1月末を持って、毎日トレーニング兼ね、続けてきたアルバイトに終止符を打った。2月より管理人も年金生活組に突入したのである。良いような悪いような、ウレ悲しい年代に突入してしまったのだ。
 この歳までほとんど休暇など取れる環境になかった管理人として、2月12日金曜日、恐る恐る平日の小田急線にリュックサック姿で乗車した。周りは通勤、通学の方がほとんどで、慣れない平日列車の中、一人行楽姿で、ましてや非常事態宣言発令中の中、ちょっと肩身が狭い思いで、秦野駅を目指した。

 今回はヤビツ峠から三の塔までのトレーニングを予定していたが、なんと平日は8時台までヤビツ峠行きのバス便は無く、本数が早朝から多い蓑毛行のバスに乗り、蓑毛から1時間かけヤビツ峠まで徒歩で向かった。8時ちょい過ぎにはヤビツ峠に着く事が出来たので、土日運行のヤビツ峠行き、7時44分発に乗ったのとほぼ同じ到着時刻だった。

 さすがに平日の峠にはバスの便も無いので、誰もいなかった。でも平日とはいえ、車で来ている方々はいるようで、車は数台すでに駐車していた。日影には雪も残るヤビツ峠をスタートするも、まったく人のいない中、風も冷たく、曇り空で太陽も顔を見せず、寒くって今日のウェア一式で無事行けるのかな・・・?と少し心細くなる管理人だった。土日の経験しか無いので、大抵の行く先は結構な人で賑わっている。こんな静かなヤビツも初めての経験だった。

 無事三の塔に着くと、意外や登山者もいるのに驚いた。話を聞くと、たいていがヤビツ峠まで車で来て、ピストンでヤビツに戻るそうである。この日は風は無く、曇りの割には富士山がくっきりと見えた。帰路は三の塔尾根を下り大倉へ。そこからバスに乗り渋沢駅へ。渋沢に来たらお決まりの山麓酒場・目利きの銀次に直行!!
 平日でもあるので、ちょこっとだけ喉を潤し、緊張の平日山旅は無事終了した。これから毎日どうして過ごそうか、、、自宅粗大ごみ化しないか心配である。 



蓑毛バス停をいざ出発!!



人のいないヤビツ峠。



三の塔山頂より、富士山。


おなじみ大山がすぐ隣に!



三の塔避難小屋。



避難小屋内部。



超軽量ストーブにてお湯割り作成中。



大倉の橋が見えてきました。


  
大倉バス停脇にはお花が満開。



大倉バス停脇。


  
渋沢のおなじみの山麓酒場です。



帰路、小田急線の新型車両に乗れました。



 上の写真でもご紹介していますが・・・ずいぶん昔に購入し、使用していなかった、固形の小さなアルコール燃料と、専用ゴトクにて、固形アルコール1個で、写真のシェラカップにて二回、焼酎お湯割りを沸かすことが出来た。超軽量燃料グッズとして、風が無い避難小屋内などでは結構応用が利きそうな商品であることが、判明した。




TOPへ