あまりの急斜面にビビッて撤退。
山菜取りに変更の高座山

2021年5月8日

高座山山頂よりの富士山。


 ちょうど一か月ちょい前に仲良し沢仲間の川越渓美隊・隊長より連絡があり、5月8、9日に毎年恒例の新潟十日町山菜合宿開催のお誘いを受けた。即答で参加の意思をお伝えした。現在管理人はアルバイトを日曜日に入れている事もあり、勤務先にも即刻お休みする旨を連絡し了解をいただくことに成功・・・。さあ、今年も山菜豊漁を楽しみにこの日を待った。しか~~し、東京都が突然の緊急事態宣言を5月11日までを期限に発表、、、十日町に毎年レンタルしているロッジは市が運営しているため、「緊急事態宣言の出ている都道府県からの利用・滞在は厳禁・・・」と何ともショックな連絡をもらってしまった。仲間連中に都民はおらず僕だけが仲間外れ?になってしまった。涙。後日談によると、山菜は時期がピッタリビンゴだったそう。大漁で宴会も超盛り上がったらしい。

 そこで以前よりお願いされていた別案件、河口湖山荘お泊りで、西丹沢にある御正体山周辺を縦走したいという山・酒飲み仲間の依頼を思い出した。今までは「リタイヤ後の今は、日曜日はアルバイトだから、金曜日休みを取ってもらい、金・土曜日の一泊ならいつでもどうぞ!!」とお伝えしてあった。なかなか働き盛りのお二人。金曜日はそう簡単に休めなかったご様子。と言っても一人は僕より先輩の山の師匠と呼ばれているベテランさん。して働き盛りの一名は、ここにも時々登場するとしえちゃん(酒豪・女子)。「今度の8、9日の土日なら大丈夫だけどご都合は??」とメールすると即座に「行きます!!」との返信。こんな事情でこの日は河口湖山荘管理人役にてお勤めすることとなった。

 仲間二名は御正体山に行ってもらい、管理人は準備もあるので軽く杓子山へと、計画を練った。  



鳥居地峠より出発。



天気も最高、気分も最高・・・この辺までは。



山焼きしてある気持ち良い道を行く。



背後には富士山もばっちり!!



標識通りに行って地獄を見た!



地獄の??高座山。


 天気も良いし、富士山も最高でルンルン気分で杓子山山頂を目指した。とりあえずは一つ目のピーク高座山を越えなければならない。ところでこのルートは二か所に急斜面が展開していると、ガイドブックには書いてあった。一つは高座山山頂直下、そして一つは杓子山山頂直下であった。高座山への登りが始まった。写真も撮りそびれるほどの恐い急な登りであった。実は前日まで雨。何も捕まる所が無いグズグズの泥壁であった。一度でも体制を崩すと滑落の危険すら感じた。ピッケル&アイゼンが欲しいくらいだった。そして最後の5メートルは、まったく登山道は怖くて無理を感じ、樹林帯に入り登り切った。そこにはノイバラのトゲトゲ地獄が待ち受けていた。以前にも帰路の下降がメチャ心配だった十二ヶ岳同様、この下りはいかにして下りようかと、考えながら登った。まず正攻法では滑落しそうだった。すると、山頂には樹林帯の中にもう一本の道があり、こちらも急であるが、木々の利用が可能だった。一安心だ。巻道があったのだ。
 でも不親切な山と思った。あの急斜面方向に標識があり、巻道利用方向には何の指示もなかった。さらには、トラロープ1本吊り下げておいてくれれば、特に問題なく登れるのに・・・と管理不備に文句たらたらの管理人であった。



緊張の中、高座山山頂に。



山頂には南側から巻いてくる道があった。やれやれ。


 この登りで一気に疲れ爆発、杓子山直下にももっと厳しい登りがあるらしいので、ここで終了に。富士山だって杓子山山頂の方が遠くなるし、これだけ綺麗な富士山を拝めたらこれでOKとした。今日の本命はお二人をお迎えする事である。
 山焼きした斜面には出たてのみずみずしいウルイが沢山あった。またワラビも結構出ていたので、まずはこの怖い山を下り、のんびりと山菜取りに明け暮れた。新潟での山菜採りに変わり、山梨での山菜採りなった。
 帰路二組のパーティに出合った。共に聞くとこの山は始めてという。標識通りに行っては行けない旨をお話し、巻道の存在、場所をお伝えした。

 帰宅後杓子山の記事を読んだ。どこかのホームページにも同じことが記されていた。「降りでこの斜面を下りるのは、非常にデンジャラスだ!!。迷わず巻道を利用した。」とあった。今回は雨上がりでもあり、本当に怖かった。
 御正体山組は24キロ歩いたとの事。18時にすばらしく美味しかった「馬刺し」を持参で山荘に到着した。深夜近くまで友との語らい、美酒に酔い、すばらしい一日が無事終了した。
















TOPへ