日帰り山さんぽシリーズ
中央線上野原駅 お得感満載の
新井バス停~能岳~八重山~展望台~大堀バス停
2021年2月27日

能岳山頂・542mからの富士山。

 
  昨年よりテーマとして「日帰り山さんぽシリーズ」などと銘打って山報告を紹介している。昔からの山行もダントツに日帰りが多かったのだが、「日帰り登山」と「日帰り山さんぽ」の違いを考えてみた。
 昔は登り始めて下山まで、6~7時間は当たり前のように歩いていた。そこから喉を潤すので、帰宅も19時以降などざらにあった。奥多摩駅前の「天益」で根っこをはやし飲んでしまった時など、帰宅が21時を回っていたこともあった。最近は・・・というと、全工程で歩き3~4時間以内。以前の約半分で山麓酒場に到着する事を目指している。前者を「登山」、後者を「山さんぽ」と管理人は勝手に定義している。歳も重ねてしまったし、「おさんぽ」位がちょうど良い最近の管理人だ。山の陽だまりでゆっくりも出来るし、山麓酒場でもゆったりと飲むことが出来る。さらに帰宅時間が15時頃と、早いのも魅力である。
 歩く時間が短いので、当然目指す山の標高は低くなる・・・が、低くても眺望などが期待以上に良ければ、これは最高のプレゼントをいただいた気分に浸れる。こんな出合いが低山さんぽの最高の魅力に思う。日帰り山さんぽシリーズの著者清野氏はこういった低山を「お得感のある山」と表現している。確かにおっしゃる通りである。それに引き換え長々と歩く山は、お得感ではなく、「達成感、歩き倒した感」で一日を終える。歳を重ねてくると、達成感よりお得感に満たされた方が、心身共に良さそう・・・と感じるこの頃である。

 そこで今回は、低山でありながら最高レベルの展望を期待できる山ということで、早速行ってみることにした。



下車駅は中央本線・上野原駅。



甲府行き各駅停車で。



新井バス停で下車、ここが登山口。





 この能岳・八重山とあまり聞き慣れないこれら山は、昭文社山地図「高尾・陣馬」の中にある。このマップは血管を思わせるくらい沢山の登山道が掲載されているエリアである。能岳をすぐに見つけられる方もそんなに多くないであろう。能岳は上野原駅の北側に裏山的な位置に存在する、標高542mの低山である。このコースも清野氏の著書の50シリーズに載っているのだが、どうしてもここに行きたかった理由がもう一つあった。

 数年前に、陣馬山から下山し、相模湖駅前の山麓酒場「かどや食堂」で出合った地元のおじ様と話が弾んだ時、彼はこの周辺でのお勧めの山は何といっても「八重山」であることを力説したのが忘れられなかった。彼は登山は趣味では無かったが、気が向くと八重山からの展望を楽しみに行くそうであった。そんな当時、低山でもそんな素敵な山があるんだな~という思いを抱いたが、なかなか実行に移せなかった。で、今回の本でその山に誌面で再会したのだった。



歩きやすい山道だった。



まだ冬枯れだが、少しでカタクリの群生になるらしい。



道標もしっかりと整備されていた。



方向的には生藤山あたりの笹尾根らしい。


 上野原駅前から7時半頃に出発のバスに乗った。下車は本に出ていた新井バス停。登山口まではすぐであった。登山口脇にも自動販売機があり、90円で600ml入りの水が購入できた。焼酎お湯割り用に2本購入。その後、歩きやすい山道を登る事、意外や早く能岳山頂に到着した。特に息が切れるような急登も無かった。このページの表紙に掲載した富士山が能岳山頂からの眺望である。想像以上に富士山が綺麗だった。途中カタクリの群生地表示があったので、その時期に来るとさらに充実すること請け合いである。そして八重山にはさらにすぐに着いた。あずま屋があり、先着の75歳というおじさま方がコンロで食事を作っていた。こちらの方がベンチ数、あずま屋など、能岳より充実している。管理人はここのベンチの陽だまりでまったりと焼酎お湯割りをいただいた。75歳というおじ様も来られ、若かりし頃からの登山歴をお話してくださった。冬山もバリバリにやっていた大ベテランさんであった。最近はやはりマッタリと低山歩きをしているそうである。危険な山は行かなくなった・・・とお話しされていた。これが清野氏の言う「お得感のある山」なんだと、妙に納得の時間が無風の暖かな陽だまりの中で過ぎて行った。


能岳山頂標識とベンチは1台。


 
八重山山頂のあずま屋とベンチ。背景に富士山も・・・



八重山山頂標識と富士山。


八重山の名前の由来(クリックで拡大表示)。



展望デッキ。なかなか眺めがよい。



デッキ近くにある鐘。いい音色であった。



デッキからは丹沢方面が見渡せた。



山の位置関係解説が載っていた。



マイカーの方へ無料パーキングもある。至れり尽くせりの山だった。



上野原駅前バスターミナル。


 おさんぽタイムは新井~能岳 1時間、能岳~八重山 15分、八重山~展望台 10分、展望台~大堀バス停 約1時間・・・合計約2時間半の山歩きおさんぽだった。八重山山頂では1時間くらいのんびり過ごした。
 帰路、必ず寄ってみたかった元祖山麓酒場「一福食堂」でのどを潤した。
 今回は思った通りのすばらしい展望と、簡単な山歩き、美味しいお酒に出合え、お得感満載の山旅だった。 自宅から比較的近い上野原という場所も魅力的だった。
 最後に山麓酒場「一福食堂」写真をご紹介し、ペンを置きます。ではでは!!


















食堂にもあった清野氏著書!!




TOPへ