海が見える山シリーズ
鎌倉殿の13人も歩いた
熱海・十国峠~湯河原駅・古道散策
2022年3月17日
十国峠(日金山)からの山並。


箱根・十国峠ケーブルカー㏋より

 十国峠の名前は、昔の国名で「伊豆」「駿河」「遠江」「甲斐」「信濃」「相模」「武蔵」「上総」「下総」「安房」の十の国がここから見渡せたことに由来します。現在の静岡県・山梨県・長野県・神奈川県・東京都・千葉県になります。晴れ渡った日の十国峠の頂上からは富士山や南アルプス、駿河湾はもとより湘南海岸や三浦半島をご覧いただけます。さらに天候に恵まれると千葉県の房総半島が見えることもあります。

 詩歌を愛した鎌倉幕府の将軍源実朝は、二所詣のため鎌倉から箱根権現・伊豆山権現に参詣する途中で、いくたびもこの峠を越えています。この歌は22才のときに詠まれたといわれています。(二所とは伊豆山権現〔走湯権現とも言われた現在の伊豆山神社〕、箱根権現〔現在の箱根神社〕の二つの権現のことであり、二所詣とはこの二つの権現に三嶋社(現在の三嶋大社)の三つに参詣すること。源実朝の父である源頼朝が、源氏再興の旗揚げの際に、この三ヵ所の神社に必勝祈願し、また援助を受けたとしてこの二所詣を始めました)。

 この歌碑は1933年(昭和8年)当時、熱海に在住していた実業家 藤原銀次郎氏が私財を投じて建立したものです。1992年(平成4年)12月当社も協力し熱海市が更に眺望のよいこの場所に移設しました。                            



十国峠と富士山(うっすらですが・・)


 今年の1月19日、ここから数キロ東に位置する「城山」(土肥実平の城址)ハイキングの途中、源頼朝が石橋山の戦いに敗れ、敗退する際に隠れたとされる洞窟、「しとどの岩屋」と出会い、観光することができた。ちょうどNHKの大河ドラマ「鎌倉殿の13人」が始まったばかりの時期と重なり、管理人もこのドラマを毎週観ることになってしまった。脚本的には今風で、ちょうどノリも合っており、最近ではハマっている。

 そんな洞窟との出会いもあり、鎌倉殿ファンとして、是非とも歩いてみたかったのが、この三島と湯河原、鎌倉を結ぶ古道であった。今では十国峠ハイキングコーストなっているが、途中由緒正しそうな「東光寺」なども建立されており、鎌倉時代当時を思い浮かべる事もできる、ルートであった。



熱海駅よりバスで熱海峠下車。



姫の沢公園脇から舗装路を登ってゆく。


 2022年3月17日、熱海駅に降り立ち、バスで十国峠を目指した。話は逸れるが、井の頭線高井戸駅から下北沢乗り換えで小田急線・小田原~熱海ルートと、渋谷経由・湘南新宿ライン利用での熱海では時間はほとんど同じで、前者、1392円。後者、2137円である。小田急が安いのか、JRが高いのか判らないが、国営はやはり高い!!

 熱海駅前発十国峠行きバスは、9時18分が平日の初便である。無事初便に乗車し、バスに揺られること40分。一つ手前の「熱海峠」バス停で下車した。本来、十国峠バス停で下車するのが、十国峠に向かうには、ケーブルが使えるので一番楽ちんで早いのであるが、今回のハイキングルートでは、十国峠に着いてしまうと、湯河原駅まではすべて下りになる。要は山登り(上り)が全くない山旅になってしまう。よって、手前の「熱海峠」で下車し、十国まで上りを楽しむこととした。とは言っても、ものの30分くらいの上りで、峠に着いてしまったが・・・。

 すでに季節は春。眺望は全体的に春霞に包まれていたが、十国峠ではその名の通り、相模湾の方まで見渡すことができた。ここからはずっと下りだった。途中、東光寺を拝観し、湯河原駅を黙々と目指した。東光寺であるが、苔むした、いかにも歴史を感じさせる墓石が、たくさん並べられていた。

 途中から舗装路に降り立ち、駅を目指すも途中、大変に素敵な公園があり、そこでランチとした。あと、プロが作付けしているデコポンの木が多数あり、実の大きさ、葉の茂り方などなど、自分ちのデコポンの木とは、ずいぶん違うことに驚かされた。家のような貧弱な木では実も小さいわけである!!
 帰路は小田原駅から憧れの特急ロマンスカーで新宿まで行った。あっという間のロマンスカーの旅であった。
 という訳で、なんやかんやの、楽しい頼朝追っかけ旅は、無事終了した。
 
 4月1日 管理人 記


春霞の中、遠くには相模湾も・・・





1月に登った城山も見える。



東光寺は伊豆88遍路 23番札所、であるそう。



由緒正しそうな、東光寺。



多数の菩薩さまが・・・


歴史を感じる墓石群が。


コース略図。


国土地理院地図より。クリックで拡大します。



プロが作るデコポン。かなり写真ぶれてます。



帰路は湯河原駅近くの公園でランチタイムでした。



ミカンらしきは、庭で採れたデコポン。





 源頼朝にまつわる記載がありました。クリックで拡大表示。




TOPへ