海が見える山シリーズ
湯河原・城山ハイク報告。
2022年1月19日
城山山頂からの眺望。手前が初島、奥が伊豆大島。


 2022年、第一回目の山探索は、湯河原の城山(563メートル)とした。
 昨年の12月28日のアルバイトで腰を捻って?しまい、昔からの古傷が悪化。年末の登山、新年のスキー予定もすべてドタキャンで、まさに寝正月で5日まで過ごした。
 激痛でまったく歩くことが出来ず、寝起き、お手洗い、食事での椅子の立ち座り、脂汗を流しながらの、日々であった。モンベルのストックが大活躍をした。結局、6日からのアルバイトは休みをいただき、16日からのスタートに勝負をかけた。アマゾンで腰痛コルセットベルトをさらに購入し、2組のコルセットでガッチリ腰を固定してのアルバイトスタートだった。12月29日から1月15日までの18日という、社会人になって以降、最大級の休暇を過ごしたが、腰痛という病気のおかげで、お金もほとんど使わずに過ごしてしまった。
 
 最近は膝が痛いとか、今回の腰痛とか、年齢を実感するアクシデントが多く、とても情けない。毎年、新年の登山は大山詣でと決めていたのだが、こんな体では大山は膝含めきついな・・・と思い、暖かそうな、海の見えるエリアとした。昨年行った、高麗山もとっても素敵だったし、低山でも満足感の大きいエリアが、東海道線沿線の山々である。特に今回は大河ドラマで「鎌倉殿の13人」もスタートしており、その史跡訪問という意味でも、意義深い場所となった。



旅気分の湯河原駅に!!



ウッディーな駅舎でした。



スタートは2月には見事な梅林となる幕山公園から・・・。



紅梅がちらほら咲いていました。


 2022年1月19日、湯河原駅に降り立つと、東京では快晴だった空が、どんよりしていた。神奈川西部はあまり良い予報ではなかったのが、残念ながら当たってしまったようだ。城山へのルートは、以前登っている幕山登山口と同じ場所からのスタートだ。湯河原駅前から9時ちょうど発の、幕山公園行きバスに乗り、終点で下車。この時期は有名な梅林のまだ開花前であり、入山料200円は取られなかった。料金所もクローズだった。
 歩きはじめて1時間半ほどで、今回の史跡ナンバーワンの「しとどの岩屋」に到着。なんだか霊気を感じる、今までには見たことのないスポットであった。その後は尾根に出て城山を目指した。城山まではほとんど、急な上りもなく40分くらいで到着。相模灘が一望できるすばらしい山頂であった。前日の強風も嘘のようで、眼下に見える煙突の煙も、真っ直ぐにたなびいていた。山頂脇の岩をベンチ代わりに、オプティマス・スベアコンロでコーヒー、熱燗をいただき、帰路についた。大磯駅もそうだったが、湯河原駅も知名度の割に、山麓酒場がない。キンメダイの煮付けで一杯やりたかったが、店がなくてはどうすることも出来ず・・・「一番亭」という中華屋さんで、餃子・ビールで締めとした。三島市に本社がある、にしはらグループという会社が運営しているようであった。家庭的な温かみを感じるメニューで、餃子はとっても美味しかった。湯河原駅の山麓酒場に推薦!!なかなか良い店だった。

 帰路は横浜で東横線に乗り換え、渋谷経由で18時自宅に到着。さっそく「鎌倉殿の13人」のビデオ予約をする、管理人だった。

 コースタイム
 幕山公園バス停➖しとどの岩屋(1時間半)➖城山山頂(45分)➖湯河原駅(1時間15分)


霊気を感じるしとどの岩屋。源頼朝が隠れた場所らしい。


クリックで拡大表示します。



城山山頂。

 ●以下ネットより・・・
 神奈川県の足柄下郡湯河原町に「土肥城址」はあります。平安時代末期に城山に建設された土肥実平が城主だった「土肥城址」です。源頼朝が伊豆で挙兵した際にまず先に味方した土肥氏の居城です。戦国時代には北条氏によって土肥城の手直しもされて使用されていました。現在は歴史の舞台の面影はありませんが、城山からは真鶴半島や湯河原から奥湯河原がパノラマビューで一望できます。湯河原の温泉郷や奥湯河原の温泉郷での温泉としての観光地だけでなく、歴史のマチでもあります。




山頂にある石碑。「土肥城址」



山頂からの眺望。相模灘・遠くには房総半島もくっきり!



南西方面には伊豆半島が。


湯河原駅構内の椅子にはすべてにかわいい座布団が。


●後日・・・
 今回歩いたコースの写真を眺めていてフト思ったことがあった。しとどの岩屋写真中での、したたり落ちる「水」である。地図からも判るように、このコースは、幕山公園から沢沿いを登ってくる。途中まではしっかりとした流れがあったが、しとどの岩屋手前で、水は切れゴーロ帯となっていた。しかしここは写真にあるように、こんな尾根に近いところで、突然に水がしたたり落ちている。この落ちた下が、小さな水たまりになり、寒さもあって、氷柱も付いている。この溜の水は、地下へと消えてゆく。きっと鎌倉時代も、ここだけは岩屋内で水も入手でき、暮らすのには大変に便利だったのでは・・・と思った次第である。頼朝様も、隠れるのには都合の良い場所であったに違いない。

 地図より・・・岩屋は標高530m。標高600mには道路まである。そんな尾根近くで水が湧くというのは、標高が低い山ではあまり見たことがない。しかも今冬は晴天続き!!神が宿っている場所??


クリックで拡大表示します。



岩屋天井部分からしたたり落ちる水。



落ちた水は地下へ吸い込まれる。
太古の昔から好んで人が住んだ岩屋であろう。



TOPへ