再びの奥秩父 古道「荒川林道」探索
続編

2010年7月17日


  昨年(2009年)9月に調査しました荒川源流域にある古道「荒川林道」の調査に、7月17日からの3連休の2日を利用し、中小屋沢まで再調査してきました。
 本来は赤沢出合いより、入川を遡行し中小屋沢を遡行、樺小屋を目指したかったのですが、入川の水量が多く、中小屋沢出合いに着けず、途中で断念いたした次第です。・・・弁解・・行ければ行けたのですが、大きめのリュックを久しぶりに背負い、50肩の療養をしていた私には、肩が弱っており、足より肩がダウンしてしまった・・・というのが本当のところかもしれません。何事もトレーニングが必要ですね・・。トホホ!

 中小屋沢遡行は断念し、赤沢ダムに戻り、そこをベースとした荒川林道調査記事をどうぞご覧いただければ幸いです。7月17日は梅雨明けのようなすばらしい夏日に恵まれ、夕方の雷雨の懸念はありましたが、雷雨もなくすばらしい夏を満喫できました。

2010年7月20日
管理人
 
 

川又駐車場を出発。50分くらいで赤沢ダムに到着。写真最後は赤沢−入川合流地点。
ここから入川本流を遡行開始!




入川本流の水量にダウン。あと少しでしたが・・・最初の通らずは突破。それで疲れたかな・・・!
ナサケナイ!


  
入川左岸にて原生林に囲まれお弁当、日本酒タイム!でも深酒厳禁(笑)・・・千鳥足絶対禁物。

この日は赤沢ダム近くにテントを張り、翌日に備えました。写真は雷も無く夏空と、ミズを使ったドライカレー。
ミズ効果の味は??でも米はきちんと炊きましたよ。ミズはあまり食感無しも、ドライカレーは上出来。



2日目



 7月18日(土)天気は朝から快晴。今日も1日暑くなりそうである。今日たどるコースは上記地図にあるように昨年探検した荒川林道に向け、赤沢取水口から直登し、中小屋沢源頭を目指した。昨年書いた地図は若干間違っており、C地点からE地点は一度山腹をD地点までトラバースし、それからE地点までの尾根を登っていることが今回確認できた。また、昔の国土地理院の地図に掲載してある、「荒川林道」は、E地点から東に向け本来は道があったようだが、E地点からやぶを少し入ると、道らしきものが確認できた。これが本当の荒川林道であろう。現在あるA〜Eの踏み跡ならびに赤テープは、赤沢取水口完成後、地元の方が中小屋沢源頭を目指す、入り口として、開拓したコースと思われる。A〜B間が何本かテープが存在し、比較的低いところからB尾根に取りつく目印と、少し高い位置から目指すコースと2つテープがあるようだ。Bまでが意外と判りづらいが、西に向け斜面を進めば、おのずとC−B間の尾根にぶつかる。ここは斜面がザレており、歩きづらい箇所もある。そんな中、本来の荒川林道として開拓されたE〜G間の道は、メンテはされていないがとても良い道であった。ただし中小屋以遠はかなり悪い。中小屋に近くにある小沢手前では、去年は無かった大きな崩落が発生しており、注意を要する(F地点)。最終的には樺小屋まで続く尾根G地点に到達し、下れば5分で中小屋沢奥の二股に到着する。


  
左上 取水口からの最初の直登り。右道らしきを西方するも、不明瞭になる。
下写真、こんな立派な目印あるも、道は不明瞭で自力判断でB地点を目指す事になる。


  



B地点 これより快適な尾根歩き


D地点10mくらい上にある大きな倒木。これを越えて行く。



写真上:E地点を行きに見た写真。中小屋はここを右へ


写真下:中小屋からの帰りに見るE地点。上の写真はこの左下より撮影
本来の荒川林道はこれを直進した方向に存在するはず。



  
E地点のやぶを東に入ってみると・・・ありました!・・・荒川林道です。上写真2枚ですが
手前からと倒木の先から撮影。あまり深くは入りませんでしたが、明らかに「道」の様です。
やはり荒川林道は標高1200m付近に存在するのでしょう・・・・・
7月20日記


続きへ



TOPへ