中学3年生、青春の思い出の山
石川県 白山登山
1970年7月27日



 管理人が中学、高校生時代、父が仕事の関係で金沢に向け、単身赴任で東京を離れました。そんな環境があり、夏休みには何度か金沢に足を延ばし、ある夏とうとう念願の白山に登る事が出来ました。今でも忘れることの出来ない、すばらしい山でした。貴重な水が山頂近くまであり、水筒に補充出来たのを覚えています。水の豊富な、そして高山植物も非常に豊かな山だったという、感激ばかりが残った山でした。
 
 ところで写真ですが、庶民はまだまだモノクロ写真主流の時代でした。ちょうど端境期だったような時代です。しかし不思議なことに、最近この時のカラー写真が家で発掘されました!!なんでモノ、カラー両方なのでしょうか?カラーフィルムで撮影し、すべての現像をカラーで出来なかったからかも知れません。それかカラーフィルムとモノフィルムと2種持って行ったのかもですね・・・?
 1970年は地元富士見ヶ丘駅前にあった、千鳥食堂(立ち食いではなくきちんとした食堂で、ラーメン50円の時代、中学2年までは40円でした)。確かカラープリント1枚は50円以上したような記憶・・・・。かなり高価でした!!
 この頃、ワンゲル部だった事もあり、しっかりキャラバンシューズを履いています。父、母はかわいそうに運動靴でした。ご両親様、私だけ買っていただき申し訳ありませんでした!

2010年8月14日記・2016年6月追加編集

  








足元注目!!一世を風靡した、キャラバンシューズです!









サングラスで・・カッコつけたがる年頃。






加筆編集した本日、2016年6月、母は86歳で元気です!
これって45年も前になるんですね!






なんとカラー写真発見!!でもなぜカラーが??
白山の雪渓です!



セピアがかった紙焼きプリントをフォトショップで修正。
ここまで美しく再現できました。
この頃想像もつかなかったデジタル技術、すごい時代です!



金沢兼六園にて。
ずいぶんマセタガキでしたね!!(失笑)


 カラー写真とモノクロ混在の不思議??なんとなく判りました。記憶にはあまり無いのですが、この登山、父親の会社、部下の方が案内兼ね、同行してくださったような。そして会社の方に撮っていただいたのが、モノクロ。管理人が今回の白山ばかりは・・・と清水の舞台から降りるつもりで持ち込んだのがカラー・・・家族3人で写っているのがすべてモノクロで、兼六園は家族で行ってカラー、、、たぶんこれがカラクリ!!




TOPへ