奥秩父・荒川林道調査 VOL.3

2011年7月30日


 2011年7月30日、新潟、福島県は過去に例を見ない水害に遭っている。そんな前線が活発な日に、荒川林道調査とはいささか危険な思いがあったが、天候次第で軽く切り上げるつもり出かけてみた。朝の内は予想に反して晴れ・・・よしよし・・と思いきや、12時過ぎに一気にガスってしまい、空が真っ暗に、雨も落ちてきた。結局その時点で下山、入川の岸辺でイワナを釣ったり、食事を作ったりで夕方まで入川で遊んだ。奥秩父廃道をやはり調査されている「nagaさん」も私が真の沢を詰めた日に小荒川沢を詰め上がり、孫四郎峠に到達していた。
http://homepage3.nifty.com/shurakukai/whatsnew.htm
そんな荒川小屋脇に荒川林道が通じている写真も掲載されていたので、なんだか行けそうな気になっている。この30-40分手前まではガレ場の連続だが、小屋周辺の状況はかなり良さそうである。今シーズンには、取水口−中小屋−ヒダナ沢−荒川小屋跡−小荒川沢−孫四郎峠−川又を完結させていと思っている。
 以下が今回発見のメインとした取水口上の標高1200mあたりに、果たして荒川林道は存在するか・・・の調査、簡単ですがご報告です。

2011年7月31日 管理人 記


  
赤沢取水口からアタックします。右写真の右斜めに登っている斜面が道です。


  
ここから入りますが、すぐにガレ場歩きです。道はすぐに不明瞭ですが目印は奥まで見えます。



今回はガレ場用に重登山靴とピッケルで挑みました。ピッケルが支点確保にすごく威力を発揮してくれました。



970m付近にまずは顔を出す道。これはずっと続いているも途中不明瞭で×。

 今回標高1150メートルまで行き、撤収しましたが、おもしろいことを発見しました。思った通りこの山腹につけられた道は多数存在するのです。上の写真は標高970m付近にある「道」です。2回目の調査の時に、始めての調査時にもっと良い道があったけどなぁ・・・と思いながらも進んだのはこの道でした。だから判りづらかったのです。支尾根へも下の方に取り付きます。そしてこの次に標高1000mに完璧な歩きやすい道があります。ここは目印テープも着いています。そして1040m付近にもそこそこの道が走っています。最後にこれが荒川林道か!・・と思わせる良い道が1140〜50m付近にありました。しかし古い地図ではまだ少し上にあるように思っています。
 今回は天候の関係でこのさらに上部には行けませんでしたが、1150mの道・・・この存在が確認でき良かったと思っています。間違いなく1200〜1250m付近にも道はあることでしょう。。



これが現在中小屋に向かうのに一番良い標高1000m付近を巻いている道。たぶん取水口が出来てから造られた道であろう。



1000mの道テープもあります。



1000mの道は初回支尾根まで歩きましたが良い道でした。



1040mにも存在するあやしい道。



これが荒川林道?突然1150m付近で道に遭遇!1000m道と同じ様なかなり良いレベルです。



道は続きます・・・がこの先で奇怪なことが起こりました。



この1150m道をしばらく進むと(標高を維持しながら)、この目印が・・・この白い紐は以前私が巻いた物に違いありません。
以前、通った証拠として巻いたものです。では私は以前ここを歩いた???この高さを歩いた記憶はありません。1000mの道が
途中で登りになりここいらで合流している??この時急にガスってきて、視界20mくらいになり、雨も降り出し慌てて下山。詳しい
この周辺の調査は出来ませんでした。いずれにしても荒川林道がここでなくとも、しっかりした形で「道」は残っているでしょう。
このあたり周辺の調査はまた興味をお持ちの方々と分担して行えればと、私も考えております。


  
入川の河原にて。釣った9寸弱のイワナとつまみの出来立てポップコーン!


  
途中で採ったキノコでお昼ご飯。タマゴダケ、ウスヒタラケ、シロケシメジモドキなど採れました。右はキノコ炒め。



入川の森。大木が45度の角度で生えている。よくぞ倒れないでここまで成長したもんだ!・・と妙に関心!



おいしい空気とおいしい水、そして森林浴、天然キノコ・イワナの恵みでおなかがいっぱいになりました!



http://homepage2.nifty.com/shiba69/tanken-arakawazokuhen2.html

追記
 この地図は昨年に掲載したものです。この時はA-B間の道が多数存在しているのを知らず、初回1000m道で
支尾根まで楽にいったのですが、2回目の探索では、あやしい970m道を使ってしまったために混乱しました。
(この時もA-B間の下の部分に破線があるとおり、やはり間違った道を行っていました)
このあやしい970m道に迷い込まなければ、1000m道で楽に支尾根まで、はたまた中小屋沢まで行くことが出来
ると思います。
 また、ヒダナ沢の先でガレがひどく撤退した・・という位置ですが、ヒダナ沢の先ではなく、ヒダナ沢出合い少し
手前であることも判りました。よって私はヒダナ沢は越えていません。何故勘違いしたかというと、ヒダナ沢手前
のところにそれは大きなV字谷があり、それを越えていったのですが、これをヒダナ沢の源頭部と勘違いしてい
ると思います。地図を熟読すると、ヒダナ沢手前に大きな谷があることも判りました。そして最近のヒダナ沢遡行記
を読んでみると、荒川林道はどうも広河原あたりに出ると思われます。
 ここに訂正し、再度確認の探査・遡行を行ってきたいと思っています。中小屋沢−ヒダナ沢間はいずれにしても
ガレ場続きでございます。かなり悪いので要注意です。(地図中の3オネ表記はGPS測定のプロット点ですので
間違いなく通過しています。その先1時間くらい歩いたか・・・)


林道探索vol4へ


TOPへ