奥秩父・荒川林道調査 VOL.5

中小屋沢-小屋跡〜ヒダナ沢までの林道調査

2011年8月13日〜14日

 8月13日〜14日。今までの調査の総仕上げで、荒川林道にていよいよ小荒川沢出合いを目指す日が来た。今回は先日真の沢で知り合った「タカさん」にも同行いただき、万全の構えで挑んだ。ルートは今回は暑い夏を少しでも水遊びしながら行こう!と、中小屋沢を遡行して二俣まで行くルートとした。途中、地図にも掲載したが、ヒダナ沢間の尾根に突き上げる、ショートカットの程度の良い道が、途中にあることを確認した。ただし奥までは歩いていないが、尾根さえ出れば簡単に着くことが出来るだろう。あと、以前から二俣上部には良いテンバであることは認識していたが、想像以上の場所であり、昔はここに小屋が建っていただろう形跡が多数確認できた。よって中流のこの位置に小屋が存在したことで、中小屋沢というのだろう・・と、鋭い考察をタカさんが言った。もっともだと関心!。昔の人は川又を出発し、胴木小屋・中小屋・荒川小屋・柳小屋を避難小屋はたまた休憩小屋として利用していたのだろう。距離的にもちょうど一休みするに程良い距離に各小屋が点在している。ここに中小屋沢周辺の写真を改めて紹介したい。肝心な小荒川沢まで・・・であるが、ヒダナ沢手前で道はスッパリ切れ落ちている箇所があり、撤退を余儀なくされた。いずれ簡単な登ハン具、ルート工作用捨てロープなどをセットしつつ、再挑戦する予定だ。
2011年8月17日 管理人 記
 詳細図(クッリクすると拡大表示)



    
今回同行いただいた「タカさん」。右は赤沢出合いからの入川沿い左岸道。


   
この時期は水量も少なく、遡行しやすい。


  
とは言っても水流は場所によっては強い。右:中小屋沢手前のプール。水量が多いと泳ぎになる。


   
  プールを越えると左から小滝が合流。右:小滝脇の流心を行くタカさん。


   
中小屋沢・入川合流点の滝。右:すぐの左岸から巻き道踏み跡有り。


   
以前にも紹介したが、ヒダナ沢・中小屋沢合流点には、最初の水のない窪を下降する。要ザイル。
写真左、大岩の南側の端に回り込むように下降する。ヒダナ沢は岸まで行かないと岩影で見えない。



ヒダナ沢・中小屋沢合流点から見た下降地点。最初の部分の傾斜がきついがゴボウでも降りられる。


  
中小屋沢のハイライト・・10m2段滝。

  
10m2段滝巻き途中から撮影。右:その先に出現する直暴8m滝。右岸を巻く、少しザレていていやらしい。落口に出る。



直暴の巻にて、高く巻きすぎ懸垂にて降りるタカさん。私のミス!



以前は小屋が建っていたと思われる、二俣上部のすばらしいテンバ。土砂降り雨もなんのそので楽しい宴が進みました。


  
タカさんと乾杯! 焚き火もバッチでした。バケツをひっくり返した様な雨でも消えず・・。ブナ林はいいですね!!


  
焚き火で茹でた枝豆と年期の入った飯ごう。宴たけなわ!翌朝軽装でヒダナ沢までの林道探索と決まりました。



翌朝、二俣上部ではなく10m下流に荒川林道入り口発見。今回は入り口立木に白紐を巻いてきました。
写真右上が2俣およびその上にテンバ。この少し先まで目印を付けてあります。
林道への取り付きはこれで問題ないでしょう。




上写真の次の目印。奥のラインがヒダナ沢への入り口。中小屋沢左岸(二俣少し下)より撮影。
写真左倒木に、さらにその先にも目印付けました。
ここからB地点尾根まではまずまず良い感じです。(C地点を除く)




中小屋沢−ヒダナ沢間、荒川林道概要。
これ以上進めず・・・も、根性と?装備がさらにあれば突破できます。
今回は登ハン具も無しでしたし、天候不順で根性もなく撤退。



  
地図中のAの区間。道は良い。

  
地図中のAの区間。道は良い。

  
左:B地点尾根下撮影(道らしきあり)  右:B地点尾根上撮影

  
左:尾根B地点より来た道を撮る。尾根を越えるとだんだんと道が怪しくなってくる。汗;;


    
B地点尾根の少し先。ここもすっぱり切れ落ちている。落ちたら??トップはちょっと勇気がいる。
次回トラロープを張ってくる予定。(photo by タカさん)


以下は尾根手前の難所


帰路撮影・・尾根手前でもこんな急斜面についたガレ場を絶妙なバランスでクリアしなければなりません。
でもここは落ちても死ぬことはなさそうなので突破。しかし帰路はザイルで下に降りて登り返しました。(写真下)
(地図地点C)

   
ガレ場トラバースを避け、懸垂でガレ場下に下降するタカさん。ここも滑れば下までは20mくらいあります。



安定した足場でザイルをしまうタカさん。

2009年の最初にここを歩いたときの記憶が戻りました・・・。ここはもっと木も生えておりその木を支点に
多少ガレていていたのでザイルを一度出しましたが、こんなに崩落はしていませんでした。
一気に山抜けした斜面の大崩落があったと思われます。
(2011年10月25日記)




上記位置はこの沢の対岸にありました。以降はもっと怖いザイル場所1カ所。
そして最後は落ちたら間違いなく「死」が待っている崩落箇所に遭遇し撤退。
怖いところは写真が残っていませんね。笑!




先人が付けた目印の残りがここだけにありました。



テンバに無事戻りました。
寝ころがってテンバ上空を撮影。素敵な森に乾杯!




タカさん、またつき合ってください。(テンバにて)
帰路は荒川林道にて赤沢取水口へ。(ルートは先週掲載のVOL4をご覧下さい)



帰路の荒川林道への取り付き口が悪い。中小屋沢への降り口が崩落しており、探るもあと数メートルが登れなかった。
この3m上に林道があるも、斜面がグズッており、支点が不安定。ガレ沢を登ることに変更。


  
ガレ沢を登り、左へトラバース。強引に尾根に取り付く。数分下に林道がある。右:尾根に出たタカさん。



1280mの小ピーク。火の用心の看板があります。



1270mの本尾根をバックに本来の荒川林道にて撮影。ここより背景尾根を左に下る(これより先は最近の道)。
よってこの左下1240m付近にこの道の続きの本来の荒川林道が存在するはず・・・。(まだ発見はしていない)
photo by タカさん



航空自衛隊所属の方が釣りに入り一晩戻らず・・で捜索が入っていました。



入川での休憩中、一匹のアゲハ蝶が逃げることなくずっと付き添ってくれました。


こうして今回のお盆休みは、水遊び、沢登り、登山、探検、宴会・・と盛りだくさん
で無事終了いたしました。

  
  


TOPへ