奥秩父 荒川源流紀行
入川−中小屋沢−雁坂道樺小屋
前編
2010年7月31日


中小屋沢-入川に注ぐ滝

 2010年7月31日(土)中小屋沢完全遡行に再度挑戦した。2週間前、入川の水量の多さを口実に中小屋沢探検を断念した私であったが、先週に滝谷で体を再調整もし、さらには荷物の軽量化のためにテントは止め、秀山荘で軽量タープを購入しての再チェレンジである。
 また、秀山荘にてネオプレンのズボンも2週間前の入川対策で購入し、おじさんにとっては、かなりな気合いが入っての今年最大の?メインイベントなる挑戦であった。

必要装備 懸垂用補助ザイル20mは必携

2010年8月3日記

 この日を迎えるに到った理由は、思いおこすと5年前、探検隊メンバーと中小屋沢の1つ上流に流れ込む金山沢大荒川谷に入渓したことで、この奥秩父の沢の魅力にとりつかれてしまった。そしてさらには当時宿泊した雁坂小屋のおやじさんに聞いた「荒川林道」なる古道の存在がどうしても頭から離れず、昨年にやっとその存在の一部を確認するに到った。そんな自然美とロマンがあふれる荒川源流部は僕の遊び心に火をつけてしまった。
http://tanken.my.coocan.jp/tanken42.html

荒川林道は調べてみると川又−中小屋沢−ひだな沢−金山沢小荒川谷出会いに伸びていることが判り、さらにその先西方面は柳小屋、東方面は雁坂道孫四郎峠に続いているらしい。僕はこの一帯をくまなく歩いてみたい衝動にかられ、昨年は荒川林道の一部調査、さらには黒文字橋から樺小屋までの雁坂道を歩き、中小屋沢源頭部の森の状態もチェックした。

http://tanken.my.coocan.jp/tanken-tundashi.html
 
  最終仕上げで、2週間前にもう一度赤沢取水口−中小屋沢中流部までの古道を確認し、このエスケープルートを完全に自分の物としたからこそ、本日があった。

http://tanken.my.coocan.jp/tanken-arakawarindou.html
 
 中小屋沢など訪れる人はほとんどいないので、単独で臨む以上、エスケープルート、尾根の状態など、可能なだけの情報を入手しないと、怖くて入ることは出来なかった。ましてやネットにも遡行記録があまり載っていない沢であり、樺小屋に至るルートはネット上でも情報は皆無であった。万が一に来たルートにて撤退する際にも、入川という大きな渓流下降をクリアしなければ戻れないこの渓では、入川の水位が平常以下であることが絶対条件で、豪雨に見舞われ増水でもしたら引くまで待たねばならない怖さもあった。そんな意味でも中流域に完全なるエスケープルートを確立しての遡行であったので、気持にはかなりなゆとりがあった。「あそこまでさえ行けば・・」そんな思いで入川の激流に最初の一歩を踏み出す、管理人であった。
 これが成功すれば、今まで積み上げた各ルートを結び、1つの環状の円で囲む事が出来る、わくわくドキドキの記念すべき山行でもある。

  
左/入川管理釣り場ゲートをいざ出発7:00 右/赤沢出合いベンチにて8:00

  
今日の赤沢出合いの入川・・・水量は?

 改めて・・・7月31日午前3時に高井戸を出発。中央高速道経由にて一路雁坂方面を目指す。途中広々としたみとみ道の駅にて着替え、手洗い、リュックへの詰め込み、すべてを完了させすぐに歩ける状態で道の駅を出発した。(翌日夕方に取材記者の事故を知ったのだが、日テレの方々とガイドさんはちょうどこの時間にここにおられたようだ。駐車場の奥でテントを張っていた方がおられたので、その方たちだったかも知れない。)雁坂トンネルを抜けて黒文字橋にて帰りの自転車をデポした。内心、今回は絶対にここに降りてきて、この自転車を使うぞ!と自分自身に言い聞かせた。
 午前6時過ぎ、毎度おなじみの入川渓流釣り場駐車場着。駐車券を購入し、中小屋沢−樺小屋の遡行をする旨を管理のおじさんに報告。車のフロント内には登山計画書、緊急時のワッチ無線周波数、携帯番号、自宅番号などを書いたメモを置いた。さあ、いよいよ中小屋沢へ突入である。

  
左/赤沢 右/赤沢先の左岸道 赤沢出発8:10

  
左/始めて遭遇の悪場 通常は右岸巻き(ロープあり)8:40 右/悪場を抜けると穏やか

  
左/増水時は泳ぎ?になるかも 細滝手前 右/右岸から流入の細滝 


 赤沢出合いから見た入川本流は多少だが2週間前よりは水量が減っているように見えた。よしよし!!である。赤沢出合から徒歩で20分くらいは左岸に立派な道があるので利用する。途中ガレた部分からは道も上の方に向かっており、危険なため沢に降り立った。
 入川は2週間前に比べ微妙なくらいの水量の減少であったが、この微妙な減少が遡行の楽さを倍増させてくれた。算数でいう2乗に反比例する・・・みたいな感じであろうか。これなら中小屋出合まで楽勝!と直感したら、その通り楽勝で到着できた。途中30分くらい歩いたところに通らずのちょっとした2段の滝がある。右岸に巻き道はあり、降りるところにロープもついているが、ちょっと高さがあるので(5mくらいの巻き)、万が一のスリップ、滑落を考えると激流突破の方がリスクが低いと読み、ここは沢の中を慎重に進み突破した。 
 左からの細長い滝に出合うと中小屋出合いも近い。左からの滝手前が広いプールになっており、さらに水量が多い時期は泳ぎになる可能性があった。今回は腰まで浸かり歩いて抜けられた。


  
左/風格のある中小屋沢の出合い滝 9:10  右/すぐ右手から尾根伝いに巻き道あり

 中小屋沢出合いの滝はネットでの写真で見てはいたが、なかなかの水量で堂々と入川に落ち込んでいた。落ち込み脇の左岸にはここを登ってください・・・と言わんばかりの踏み跡があり、沢登りの遡行記録があまり無い中でのこれらは、釣り人の残した踏み跡であろうことが判断できた。

 今回の遡行では後述させていただくが、中小屋沢での岩魚の生息確認も大きな興味の1つであった。こういった大滝で出合っている以上、人間が持ち込まない限り滝上には魚は生息しない。しかし先人たちはこぞって滝上に魚を放し、それらが居着きとなり滝上に岩魚の楽園が形成されるケースが多々あるからだ。しかしさすがに東京近郊の沢。こんなところまでかなりな人が入っているようである。ということは中小屋沢は岩魚の楽園なのか・・?私は昨年より中小屋中流、源流部を調査して、一つの解答は持ち合わせていた。「中小屋沢に岩魚は生息している」であった。いままで公開は避けてきたが、今回すべての中小屋を見ることが出来、公表することとした。(後述)

 ネット上で唯一公開されている中小屋沢の遡行記録を見ると、滝上すぐを下降すると巻けない滝がさらにあるらしい。ここは尾根を登り、中小屋−ひだな沢出合に下降するルートを開拓せねばならない。
 

二股への下降地点を下から撮影 (9:45道らしきを発見時刻)


中小屋沢・ひだな沢合流点。右のひだな沢は上からは見えない。10:00

 今回の計画では越えなければならないハードルが4つあった。まずは入川を無事遡行し、中小屋沢出合に立つこと、2つ目は中小屋沢・ひだな沢二股までのルートを探り、沢に降り立つこと。第3は中小屋沢下流部の滝を乗り越え、荒川林道合流部分に達すること、そしてラストが未知の源流を遡行し、樺小屋に到着すること・・1つ目のテーマは無事クリアできた。今はまさに動物的な感が必要な2つ目のハードルを越えようとしていた。まずはとにかく尾根伝いに登り、高さを稼いだ。沢音は聞こえてくるが、沢は見えない。20分くらい登ったろうか・・。特に目印は無かった。上から沢方向を見下ろすと、なんとなくトラバースしている道のような踏み跡が5m下くらいに見える。これかな?と思い、そこまで降りて、踏み跡らしきところを進む。すると木々の合間から眼下に沢が見えた。ゴルジュではなく流れが見える。そしてその踏み跡は沢に向けて落ち込んでいく窪地へと誘導された。ここなら下降にザイルはいるが、ダメでも帰りはなんとか登れそうであった。そこでダメもとでザイルを投げ3回の懸垂で沢近くの緩い斜面まで降りた。ちょうどそこは参考にさせていただいた唯一の遡行記HPにて、帰路に歩いたルート記録に書いてある、「岩の切れ目」であった。川のすぐ前まで行ってみると、なんと右からはひだな沢が合流していた。(下降する窪地からは右手から合流しているひだな沢は岩陰になり見えない)バンザーイ!リーチ一発ツモで二股に降り立つことができた。判ってしまえば2回目は簡単に行けるが、最初に行かれる方はハッキリとした道に誘導されていく感じでは無いので、勘どころが必要と思う。目安としたら、初めて沢に向かって落ちてゆく、枯沢の窪地を発見すると良い。それを下れば二股である。注意として20mくらいの補助ザイルは必携である。特に全行程でハーネス、下降器は無くても差し支えない。(あればベスト)


後編を見る


TOPへ