憧憬の地、荒川最源流へ。
真の沢遡行記。


2011年7月16日〜18日


Music Naoko Terai 「All for you.」


  
先週、柳小屋周辺探索で、真の沢入り口までの詳細が判りました。また、荷物が多いとかなり体力を消耗する・・もう若くはない自分自身の力量も知るはめに・・・。
 
 そこで今回は荷物は必要最低限のものとし、大きく軽量化しました。まず大きな決断としてリュックの縮小・・・、今までの1泊以上の沢旅ではカリマー・ジャガー60-80を使っていました。これは物が沢山入るので、どんどん入れてしまう・・・。そしてリュック自体の重量もたぶん2.5キロ近くあるはず。今回は思い切って、ドイター32AC、いわゆる山小屋利用泊などで使用するタイプの物に切り替えました。自重も1.2キロくらい。リュック自重で軽減出来、詰められる荷物も限られるので、おのずと全体重量は軽くなします。しかしその分、持ってゆく最低限の荷物吟味を頑張りました。多少不便でも、最低限のものを選択しました。


●吟味した装備一覧●
食器:アルミコッヘル1、アルミ皿1(フライパンを兼用)、チタンマグカップ。以上3種
コンロ:イワタニガスコンロ(中ボンベ1個持ちましたが、実際は小でも十分でした)
寝具、テント系:寝具はシュラフカバーのみ。テント系は秀山荘タープ。超薄い銀マット。(エア枕、エアシートなども今回は持ちませんでした)
食料:フリーズドライの製品、ペヤングソース焼きそば、カップラーメン。などなどのお湯だけで出来る食品。つまみはビーフジャーキー、ソーセージなど。
その他:医薬品セット、紙、焚き付けよう新聞紙、着替え少々、タオル、細引き、ナイフ、携帯電話、トランシーバー(ラジオ付きなので18日早朝、雁坂小屋でサッカーが聞けました)、ヘッドランプ、甘味類、水筒、釣り竿、釣り具少々、えさ、コンパクトデジカメ、地図、蚊取り線香2巻き。そうそう、アルコールは赤ワインを500mlだけ持ち込みました。

 一番悩んだのが登はん具。思い切ってザイルは補助の補助くらいの9mm-10m。ハーネス、エイト管、カラビナ、シュリンゲ等はすべて家に置いていきました。
 あと山歩きの行程もかなり長い今回は、多少重くてもシューズは山、沢用の2つを持ちました。山道では軽登山靴がやはり歩きやすいです。


●2011年7月16日 歩行5時間50分
 11時00分川又・入川渓流釣り場P発、14時30分柳小屋着(軽量化で30分短縮) 
柳小屋では休まず、すぐに千丈の滝上部に向かう。16時50分滝上着。

●7月17日 歩行8時間50分
 5時15分滝上テンバ発。30分くらい釣りをする。少し上流でたて続き2匹かかり写真撮影後、終了。6時少し前より遡行に専念。すぐに木賊沢出合い。9時50分、荒川源流の碑前着。10時20分まで水浴、洗顔、着替え、洗濯などなど。10時55分甲武信小屋着。13時30分甲武信小屋発、16時40分雁坂小屋着。
 甲武信小屋での飲み物はビール、日本酒、ジュースなど色々と置いてあります。ビールもある程度冷えています。

●7月18日  歩行3時間
 6時20分雁坂小屋発、9時40分、黒文字橋着。
 雁坂小屋は夏場は基本的に土、日、祝日のみ営業。平日はやっていないと思います。
ご利用にあたっては確認をした方が良いでしょう。
 雁坂小屋で販売しているアルコール類はビール(スーパードライ)のみ。それも常温保存なので、購入後小屋脇の水場で冷やさないと飲めません。@500円

●感 想 
 思った通り長丁場のコースでした。総じて行くのをためらう様な危険な所はありませんが、柳小屋までの登山道で崩れている箇所が何カ所かあります。技術度よりも体力度が鍵かな?と思いました。真の沢自体にかかる滝には、難しいものはありませんでしたが、倒木処理が結構大変です。倒木にのっかり滑って転んで・・みたいな事がありました。また一番きつかったのが、柳小屋まで歩いた後の、千丈の滝までの登りを含めた道のりです。道は廃道とは言え、滝上まではしっかりしています。目印もこまめに付いていますから、迷うことは無いでしょう。しかしながら、尾根上まで登らされる辛さを思えば、沢伝いの方がはるかに早いし、楽なように思いました。(沢伝いは未経験ですが・・・)

 真の沢林道の滝上−甲武信間ですが、かなり危ない状態の様子です。17日朝、遡行を開始し、木賊沢を過ぎた最初のゴルジュの高台に、タープを張っている単独行の方にお会いしました。(後に仲良しになり、入川までご一緒しました。タカさんという方です)真の沢林道歩きをメインに来られたそうですが、千丈の滝上の道は崩落箇所が多く、危険を感じ沢を伝う事に変更、林道から懸垂下降でここに降りたそうです。聞きますと沢歩きの装備も完璧な方でしたので、情報交換だけしてその場はお別れしました。後に小屋前で再開し、以降は別行動でしたが、黒文字橋で合流し、入川Pまで送迎いたしました。

 真の沢は行きのアプローチが長い事に加え、帰路をどうするかが悩みの沢でもあるようで、お会いした方々が皆さん、帰路をどこに取るか考えておいられました。(バスなら下山先は色々と方法がありますが、入川渓流釣り場に車を置いていらっしゃる方が多いようでした。)私は黒文字橋に自伝車をデポしています。黒文字橋−川又間は下りで一気に川又に着くことが出来ます。あと、若い3人連れは車を入川渓流釣り場Pと西沢Pに置いてあるとのことで、徳ちゃん新道を下降して行きました。

平成23年7月9日 管理人


柳小屋までは先週掲載のページをご覧下さい。
 
  
左:柳小屋前の橋を渡り、10分ほどで真の沢林道分岐。少し登り、来た方向を撮影。右:尾根に向け道が付いている。(地図@)



30分ほど登ると尾根道に出ます。けっこうきつかった!(地図A)


  
尾根より山腹をぬっていきます。(地図B)  樹林帯のアップダウンが続きます(地図C)



やっとこたどり着いた千丈の滝。脇を巻いて林道が付いています。ここまでは危険個所はまったくありません。(地図D)



滝上を林道から見る。簡単に降りられる。写真上部左岸奥にテンバが沢山あり。ここに宿泊。


   
滝上の左岸をテンバにしました。もう1人、翌日木賊沢を詰めるという方がテントを張っていました。



今回は軽量化のための秀山荘タープ。期間中雨はゼロでしたから快適そのものでした。


  
本日の夕飯。コンロ前の赤い物は・・今年初物のタマゴダケ。入川林道にて採取。


7月17日 天気 晴れ 5時15分遡行開始。

   
テンバより少し上流にて。出そうなポイントでたて続けに出た、8寸クラス。撮影後リリース。



木賊沢出合い少し先まで左岸に道らしき物もあり、とても歩きやすいです。


  
  左岸に広がる台地と道らしき跡。



写真左隅奥の部分が木賊沢合流点。少し白く写っているのが流れ。左岸が広いので気にしていないと合流点は判りづらい。(地図E)


  
木賊沢を過ぎると川は右に曲がりゴルジュとなる。左がその入り口。右:始めて遭遇する4m滝。手前から左岸を巻く。(地図F周辺)



地図F周辺。さらに滝が続く。



地図F周辺の最後のだめ押し、7m2段5m滝。ジャジャーンという感じで堂々と登場!左壁を登る。


  
威圧的な7m2段滝を越えて、一段落でポカリを作る。右は次に登場の3m。確か右岸から巻いた。


  
このあとナメ滝が登場するまでは穏やかな流れ、のどかな風景が続く。


  
地図中F−G間に登場するナメ滝。気持ちがよいです!



そんな中、突如と現れた10m不動の滝。右岸から危険もなく巻けた。(地図G)


  
左:Gの先で流入する沢の出合い。左が本流。右:倒木の所に沢が合流している。(地図G少し上流)


  
まだまだ小滝が続きます。 右:三宝沢出合い、駒鳥の滝。右岸斜面を登り巻きます。(地図H)


  
地図Iにある岩盤記号の下を流れている。地図ってなんと正確なんでしょう!



最後?を飾る難関の3m滝。ちょっと大げさ?。到着後小屋前でここを登った他2人に聞いた。私は左岸中高巻き。タカさん、右
岸砂礫質の斜面を高巻き。若いバリバリのクライマーはこの写真には影で見えない割れ目をチムニーで登ったとのこと。三者三様。
(地図11)


3m滝を巻いている樹林帯で出合ったシャクナゲ。



もう源頭風景。これで戦いも終わった・・・と思いきや・・・(地図12あたり)


   
もうあの難関滝の後は滝無しと思いきや10m階段状と小滝集合滝が現ました。悪あがきの滝(左)、これでもかの滝(右)と命名。
左(地図13あたり)               右(地図14あたり)



  
見えました、ついにやってきた「荒川源流の碑」。左写真中央右上に碑が見える(地図15)
時刻は10時少し前。たっぷり時間もあるので裸になり、行水、洗濯をしました。


  
荒川の最初の流れ近くです。こんなに細くなりました。清らかな荒川最源流の水。

  
またまた来てしまった甲武信小屋前。抜けるような快晴の夏空。気持ちよかった!!


右上は富士山。夏本番ですね。これから約3時間かけて雁坂小屋へ移動。暑い、のどが渇く!尾根には水がありません。

  
雁坂峠無事到着。この夜はご覧のように小屋の奥にあるベンチ脇でごろ寝。満月、満天の星がきれいでした。


真の沢で出合ったお洒落なタカさんと雁坂小屋のお父さん。
翌朝、黒文字橋に向け下山しました。私はデポしたチャリンコにて入川駐車場にて車を拾い、タカさんを迎えに再度
黒文字橋へ。彼を乗せ入川駐車場へ行き、彼もバイクにて無事帰宅されました。本当に楽しい3日間でした。
天候にもばっちり恵まれ、始めての沢への単独入渓・・冬山で根性も付いたようで、100点満点といたしましょう。

最後にイワナの生息状況は・・・?
釣り人数も4〜6時間もかかる割には多い真の沢です。しかし魚はそこそこいますね。
条件が揃えば期待できる予感。ただその日に食べる程度のキープにしたいものです。以前大型クーラー
ボックスを背負って車から真っ暗な3時頃に出発する釣り人を見ました。クーラーに入れて持ち帰らなくても・・・
と思いますが人それぞれですねぇ。源流の秩父イワナの乱獲は慎みたいものです!
最後までご覧いただき有り難うございました。


カメラ IXY デジタル60

今回のすべての写真を見る。






TOPへ