田子倉湖、渡船でアタック! イワナ桃源郷の思い出。
小戸沢 西の沢源流
(愛渓会・会長&管理人)
1987年6月6日~7日
(2017年5月再編集)

初めて釣りあげた尺岩魚。34センチありました。


 1987年・・・今から30年前、管理人は30を少し越えた年齢。体力・活力に満ちあふれていたあの頃。当時は探険隊のメンバーとはまだ活動を共にしておらず、源流釣りの愛好会・「愛渓会」の諸先輩方々と、秋田、青森周辺、田子倉湖周辺、加治川などに連れて行っていただくことが多かった。田子倉湖では渡船を使い、宿の沢、大熊沢、後には白戸川などに足を延ばしていた。(1987年当時、あこがれの白戸川は禁漁であったが、数年後に解禁となった記憶。数年後に何度となく行った記事も掲載あり)

 そんなある日、プチ常連になっていた只見町にある渡船宿のおやじさんが、田子倉湖上を軽やかに走っていたポートのエンジンを突然止め言った!!「ここから山越えすると桃源郷沢の源流に出られるんだ。あんたらの装備ならテントもあるし尾根目指し、越えて行ってみなさい。明日2時にまたこの岸辺に迎えに来るから、間違わないようにここに戻ってきなさい!!」・・・とすごいビックリなお話しをいただいてしまった。
 当日は出発も遅く、他の渡船業者さんがすでに客を送り届け、釣り人が先行入渓している渓に降り立つのもナンセンスと思いながら、行き先の沢を未決定での乗船だった。一応泊まりと言うことで、山中での宿泊の装備はリュックに満載していた。そんな思いを察してくれたのか、突然のご配慮には本当に驚ぎと共に、感激の笑みがこぽれ落ちた。幸いにも山越え先の、そのエリアの2万5千分の1地図も持っていたので、「了解!」とばかりに指示された田子倉湖の岸辺に降り立った。



ボートを止めて告げられました。桃源擲入り口!ワクワク!
写真のこの先は白戸川のバックウォーター方向。



こんな何も変哲もない岸に降ろされた。あとは右手のガレ場を支尾根目指し直登し、そこから主尾根・コルを目指すとのこと。ワクワクの31歳の管理人。この頃すでに足回りはスパイク足袋ですね!!


 岸辺に降り立ち、明日の迎えの時間、場所の再確認を行い、宿のオヤジさんは船着き場に向かって帰っていった。まだ携帯電話なんてまったく無い時代であるから、結構この時は勇気がいったのを覚えている。どうあれ道のない原生林の山越え、そして帰還も同じ。本当に約束時刻に、同じ場所にたどリ着けるのであろうか・・・。まあ、どこかの岸辺に降りる事さえ出来れば湖上からは発見してもらえるだろうと思って、割り切った。舟がこなければ人の暮らす街には絶対に?徒歩では帰れないところに我々はいた。


地図をクリックすると拡大表示します。
この辺??というだけで詳細ルート特定は現在出来ていません。



尾根を目指し、窪地・小沢を登りました。
左下にワサビの株が沢山写っていますね!



さすがに奥只見。上部には雪が。沢にも雪渓がありました。



やぶを登る管理人。



ウド、わさびが沢山生えていました。


 支尾根に喘ぎながら取り付いた後、しばらく薮をこぐと左前方に窪地が見えたので、薮の激しい小尾根より小沢づたいの方が・・・、と小さな沢に降りそこを詰め、尾根らしき方向を目指した。最初の支尾根に取り付いたところには帰路、間違わないように、目印として1枚タオルを木の枝にくくりつけた。途中には食べ頃のウド、ワサビか沢山あった。晩ご飯にウドとワサビの根を少々いただいた。さすがに情報もなく分け入った原生林内・・・道?にも迷った。本来のコルではなく尾根の小ピークに詰め上がってしまったのだ。このピークからは向こう側は断崖になっていて、下降はまったく無理であった。そこで藪だらけの尾根を、踏み外さないようにコルらしき方向に向けて下っていった。なんだかんだで5時間くらいかかったと記憶している。



西の沢奥の二俣が見えました。右手ピークは高倉山(1574m)
稜線裏手は憧れの白戸川支流洗戸沢源頭になります。小ピークにて。



窪地を詰めたら小ピークに上がってしまい、
尾根伝いをコルに向け下降しました。



西の沢に降り立つも雪渓がまだありました。


 尾根を藪こぎしながら下った先のコルらしきには、目的の沢側に下降できそうな窪地があり、そこを少し下ると水が出現、目的の沢、西の沢の枝沢だった。下降すること1時間弱、特に滝、悪場はなく沢に降り立つことが出来た。帰路を考え、下降してきた枝沢の近くにの平らなところにすぐにテントを張った。さあ、まずは岩魚調査だ!!・・・でもって目的の釣りはどうだった!?
 これはまさに桃源郷と言える、岩魚の楽園でありました!!なんぼでも釣れました。入れ食いです。どこを流しても食いついてきました。あまりにも食い気はすごかったのですが、持っても帰れないし、当日はリリースし、食べれる分だけの殺生でとどめました。



初めて釣った尺岩魚。34センチありました。



尺を釣ったポイントです!!上流から来て上から流しました。



大物?と格闘する管理人。会長が撮影。テンバすぐ下流。



食べるだけをこの日はキープ。夜の宴が始まりました。



ご満悦の管理人です。でも久しぶりに入れ食いでした。



翌朝1時間の釣果。重いけど雪を入れて持ち帰りました。
家では岩魚は歓迎されません。確か焼き、干して甘露煮にしました。


 夜は、愛渓会会長とガッチリ握手の大宴会!!やっばリ源流には魚がいるんだね!と、塩焼き、採ったワサピの根っこを石ですりおろしてのイワナの刺身、ウドの味噌和え、などなどを肴に、至福の時が過ぎて行くのでした。翌朝、明るくなると同時に起床し行けるところまで上流を散策しました。撤収時間を万が一に14時に間に合わないといけないので早めの8時としたので、そんな奥には行きませんでしたが、1時間少々遊んだ末の管理人の釣果です。乱獲・・・汗;

 帰路は途中途中に目印も付けて来たので13時頃には無事湖畔に降り立つことが出来ました。この時期のイワナ釣りは山菜の時期にも重なり、魚の活性も高いので、一年で一番素敵な時期と管理人は思っています。会長様、連れて行っていただき、本当にありがとうございました。2005年現在は、残念ですがこのルートは地元の方々に規制され(山菜に関する利権?)、入山出来なくなってしまっています。下流からも西の沢全域が禁漁区になり魚釣りは出来ません。(2005年初回寄稿、2017年再編集掲載)
2017年5月30日・加筆再編集 管理人 記




1989年あぶないない探検隊メンバーをここに案内しました。

1991年メンバー2名での小戸沢探検記録。



TOPへ