台風15号の明暗
直撃の奥秩父と台風東側に位置した高尾山の惨状!
2011年9月24・25日




 台風15号が9月21日に浜松市付近に940hPaというすごい規模で上陸し、22日の午後には関東地方北部を直撃しました。22日、午後のニュースでは「台風は秩父市あたりを通過中」と報じ、その頃から東京もすごい風雨に見まわれました。夕方からは都心部に乗り入れているJR、私鉄、ほとんどが運休し、帰宅困難者で繁華街は溢れました。翌日の23日からは秋の3連休が始まります。ちょうど私も奥秩父に行く予定にしていましたが、23日早朝、奥秩父・入川に向けて先発したタカさんから「入川は尋常でない増水!」と10時頃にメールが入り、23日は仕事もあって、私は24日に奥秩父に向かうことにしました。ヒダナ沢の沢登りは当初から諦め、キノコ狩りと最後のイワナとの対面をメインに、入川右岸道の古道、荒川林道を歩いてきました。当日は夕方に車に戻り、大滝温泉で一風呂浴び深夜帰宅。翌25日は高尾山に行きました。

 翌日、高尾山で目にしたのは台風15号で受けた、山の悲惨な状態でした。高尾山の受けた傷跡が癒えるのには、かなりな歳月がかかるでしょう。前日の直撃の奥秩父では雨は多かったものの、風はそうでもなかったと現地の方に聞きました。その通り、森もほとんど倒木はなく、いつもの姿を見せてくえました。そんな中、この高尾山の悲惨な傷跡。台風の東側に入った今回の東京地方・・・風のすさまじさを痛感した次第です。ここに秋の連休2日間を、直撃の奥秩父と東側に入った八王子市高尾山をリポートしました。


 
9月24日大増水の奥秩父入川(赤沢取水口吊り橋にて)。しかし天気は最高。
山からの水は多いですが倒木はいっさいありません。


   
歩き出して早々からウスヒラタケ、マスタケが出迎えてくれました。


 
取水口を標高1000mまで登ると中小屋沢に向かう道があり、そこにマスタケがまたまた出ていました。


 
取水口よりちょうど2時間で1280mの中小屋沢東尾根に到着。
もうここまでは慣れたもんです。写真:眼下に中小屋沢。



 今回は林道整備も兼ねました。
中小屋沢への下降場所にトラロープ設置。(ガレている)

 
  
これでノーザイルで投降可能に!


  
  台風の雨で中小屋沢もかなりの水量。

 

  ヒダナ沢方面に荒川林道を進も、最初の谷越えがグズグズで引き返す。


  
 帰路、入川本流で今年最後の面会のイワナくん。左9寸、右8寸。



夕方車に戻り、イワナくんをソテーにして夕御飯にしました。
ごめんね・・・イワナくん。


今回GPSにて軌跡を取ってみました。直線部分はノイズです。(入川右岸古道、荒川林道利用)
これをみても川又からの荒川林道は1240mあたりに合流しそうですね!!
取水口からしばらくスイッチ入れるのを忘れていました。よって軌跡がありません。


翌25日  こんなとは知らず、悲惨な高尾山へ・・・★

    
奥高尾に向かう南側斜面の道。以降城山方面の道。ご覧下さい。


   
なんとも・・・痛々しい・・・!


  
右写真は写真の向きが違っているのではありません・・・!


  
城山手前の尾根にて。 


  
もう泣けてきました!





  
最後に下山コースに使った日影沢林道の惨状。



高尾山口に向かう遊歩道でも・・・。


現在高尾山は歩けるコースが限られています。大半のコースは倒木の為に閉鎖です。
行かれるときはネットなどで情報をご確認下さい。 9月29日 記 管理人



TOPへ