2005年幕開けの源流釣行は、源流記行に掲載をしていただくための取材を兼ねたものとなりました。今年の春、源流への旅代表、小峰様ともお会いすることが出来、来年発行の源流記行掲載のお話もいただき、いよいよその実行日がやってきました。2006年1月に「源流紀行」は発行され、この紀行文が紹介されています。、機会がありましたら、是非そちらの方もご覧下さい。(2009年5月 追記 隊長)

この後、2日間に渡って繰り広げられる死闘の予感も、まったく気が付づかずに早くも盛り上がっている隊長とイマチャン。7月15日23時、雁坂トンネル料金所駐車場にて。ここでカンチャンの車と合流し川又キャンプ場へ移動。下山時はここに下降し、この車でカンチャン号を取りに川又まで行く計画。
翌朝4時過ぎ、予定通りカンチャン号が到着、1台はここにデポし、川俣に向かいました。登山道はトロッコの軌道敷あとの急斜面をあえぎながら登り、約3時間で金山沢出会いに無事到着しました。登山道から沢までは、急斜面の下降ですが踏み後もあり、それほど難しくはありません。

3時間の林道歩きの後、金山沢へ 最初から滝だらけの沢でした!

ゴンザの滝上のテンバにて

    
ニンニク茎炒めと手造り味噌のネギ和え
ゴンザの滝 左岸から巻く。
小荒川沢出合い テンバで朝食中
2日目も高巻き、直登は続きました。 直登するイマチャン
とにかく滝・滝・滝!! でたぁ〜!また滝だあ〜あ!
苔むした美しいナメを直登する! この辺のナメ滝は美しいのひとこと!

源頭近くの滝を登る


源頭の最後のガレ場。 急勾配にただただ喘ぎながら
登りました。落石も心配でしたぁ!

写真左:最後の詰め、苦しかった!


やっとたどり着いた稜線、標高2200mから眺める富士山方向・・すばらしかったです!(感激の涙!)


2日目の泊まり場は雁坂小屋。なんと貸し切り!
3日目、下山に向けて雁坂峠にて隊長。天気は快晴梅雨明け?


写真左:雁坂嶺2289m




川又キャンプ場にて無事下山を記念して・・ 下山途中で・・・ヌメリスギタケ?


この釣行記は「源流紀行」に掲載・販売しております。
ご入り用の方は管理人、または上記HPへお問い合
わせ下さい。


最後に・・・・アプローチの長い長い、おじさんには結構大変な山行でした!・・・が天気にも恵まれ、怪我もなく下山でき、大成功?だったと思っています。滝また滝で、高巻きの連続の渓でしたが、本当に美しく、色々な意味で思い出に残る渓でありました。イワナも・・・。また2000m尾根から眺める景色のすばらしさにも感動し、盛りだくさんで本当に良い勉強にもなりました。目的を達成し、無事下界に戻れたことは、いままで一緒にやってきたメンバー個々の体力、判断力、気力、準備力、読図力、炊事力?、宴会力??などなど、培ってきた多くの経験が集約した山行であったと、メンバーのチームワーク、にただただ感謝の隊長でありました。

2005年7月20日 隊長


赤線が私たちが歩いた行程です。地図が古く雁坂トンネルが工事中になっていますが、いまでは立派なトンネルが完成しています。通行料金710円でした。
1993年発行 山と渓谷社発行 アルペンガイド 奥秩父より抜粋

TOPへ